北前船の中継地富山・高岡の美味しい昆布を全国に発信いたします!

白えび入黒とろろ昆布

  • HOME »
  • 白えび入黒とろろ昆布
●商品紹介

富山湾の「白えび」と、「昆布王国富山」の食卓で親しまれている「黒とろろ」。富山県を代表する2つの美味しさが合わさった昆布のふりかけです。富山のお土産に大人気で、発売開始以来、累計販売数も10万袋を突破いたしました。みなさまのおかげです。誠にありがとうございます。一度に2つも富山を堪能できてしまうのですから、とってもお得感がありますね。味のアクセントとして、オリジナル「昆布塩顆粒」を混ぜ込んで風味豊かに仕上げました。ごはんのふりかけに、おにぎりにつけて、富山ならではの食べ方はもちろん、お吸い物に、チャーハンにバラエティ豊かなメニューにお使いください。

白えび
「富山県のさかな」に指定され、「富山湾の宝石」とも呼ばれています。富山湾の澄んだ海底谷にしか生息しない大変貴重な食材です。やさしい香りと風味が定評でお土産には欠かせません。
黒とろろ昆布
富山県で昔から長く親しまれてきた黒い色をしたとろろ昆布です。程よい酸っぱさが食欲をそそり、昆布のキメが細かくごはんによく絡みます。不思議とごはんが何杯でも食べられてしまいます。
●開発への思い

富山県では「黒とろろ」昆布が日常的によく食べられています。あまりにも当たり前すぎて、全国的にもどこでも食べられているのかなぁと思っていましたが、実は富山限定であったことを知り大変な衝撃を受けました。

こんなにも美味しい昆布を全国に発信したい!と考えましたが、なかなか馴染みのないものには手が出ないのが日本人の特徴かもしれません。県外のバイヤーにオススメするも惨敗です。富山ではとても良く売れているのに、と残念に思うとともに、どうしたら知っていただけるのだろうと考えるようになりました。

そこで、富山ではすでに知名度の高い「白えび」とコラボレーションすることを思いつきました。白えび=富山のイメージはすでに出来上がっていましたので、ついでに黒とろろも宣伝できればという思いでした。

また、富山では黒とろろ昆布はおにぎりの周りにまぶして使いますが、県外ではふりかけとして利用していることに着目しました。黒とろろは酸味が強くて少ししっとりとしてご飯に絡みやすくできています。しかし、従来の黒とろろはふりかけのイメージには少し離れている。そこで昆布塩顆粒(昆布のふりかけ状のもの)と一緒に合わせて、ふりかけ感を強くしてアレンジしました。この昆布塩顆粒が白えび入黒とろろの良いアクセントになっていて、美味しさの決め手になっています。

発売は2011年4月。当初はあまり売れませんでした。商品のコンセプトには一定の評価をいただいたものの、味が安定しませんでした。その後、お客様のご意見を取り入れ2回の味の改良を加えてからは順調に販売数も伸び、おかげさまでヒット商品に育ちました。これからも富山のお土産として育てていきたい商品です。

TEL 0766-63-4668 受付時間 平日・土曜 9:00~17:00[日・祝日除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

 

 

Copyright © 2017 株式会社 室屋 All Rights Reserved.
富山県高岡市二塚199-19,0766-63-4668

PAGETOP
Copyright © 株式会社室屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.